お茶通販で美味しいお茶を見つける方法

お茶は嗜好品の一つであり、コーヒーと同じくよく飲まれている飲料です。ペットボトルのお茶もあれば、茶葉は急須を利用して淹れるものもあり、その楽しみ方は人それぞれです。そのようなお茶ですが、スーパーなどでも数種類のものがあり、簡単に選ぶことは難しいものになります。そのため美味しいお茶と巡り合うことは、難しいものです。特にお茶通販の場合には、スーパーなどで売っているものよりも種類が豊富にあるため、選ぶだけでも大変な上に美味しいものを探すとなると、とても大変なことになります。しかし、そのような場合でも美味しいお茶を見つける方法もあるので、ある程度は理解しておくことが重要です。どのようなお茶が美味しいか、よく理解して失敗しない買い物をしましょう。

お茶の種類を知ることが大事です

一言にお茶と言っても種類があり、製法によって大別すると6種類に分けることができます。日本で多く飲まれているものはそのうちの日本茶と呼ばれている緑茶や完全発酵させた紅茶、また青茶と呼ばれるウーロン茶などです。これらは、発酵度などが違い味や色なども違うのでそれぞれで好みがわかれたりします。ここで注意することがあくまで大別しただけであり、さらに生産地などによって細かく分かれていることです。日本茶であっても抹茶や玉露など様々な種類があり、見た目も味わいも違います。また、紅茶の場合には生産地で分けられており、ダージリンやアッサム、ウバなどがあります。ダージリンでもいつ作られているのかによって、春摘みや夏積み、秋摘みに分かれており味や見た目、匂いが違うので、お茶通販を利用するには自分の好きなものを把握しておくことが大切です。

旬を知ることが美味しいお茶を探すコツです

お茶を飲むうえで重要なことが、いつ作られているのかということです。お茶は最終的には乾燥させられて、袋などに詰められて出回ることになります。しかし、時間が経つごとに鮮度が落ち、風味がだんだんと失われていくことになります。そのため、お茶の旬を知ることが大切です。日本茶の場合、静岡では通常であれば年に4回、新芽が出ます。4月から5月にかけての一番茶をはじめ、そのあとに二番茶、三番茶と続きます。一番茶が一番品質も良く、高級とされていますが、それは旬のお茶だからです。そのため、新茶で一番茶を探すことは美味しお茶を探すことに繋がります。紅茶の場合、ダージリンでは作った時期によって、風味がまったく違うものになり、それぞれで特徴が違います。そのため、お茶通販で購入する場合は、その点も踏まえたうえで探すようにしましょう。